腰痛と脳の関係

ひどい腰痛で歩くことさえままならない。そんな男性が2週間の入院で詳しい腰痛の検査と腰痛治療を専門的に行っている病院に行くという特集をテレビで放送していました。そちらの病院では腰痛に特化した治療科があり、全国から腰痛に悩まされている人が集まってくるそうです。実際に病院をおとずれた男性は、箸以上の重さのものは腰の痛みが出るため持てない、というほどのひどい腰痛持ちでした。
病院では2週間の間に、CT、レントゲン、神経ブロック注射などの検査を行い、作業療法士と共にリハビリ治療を行います。その患者も様々に検査をしたのですが、その結果分かったことは腰には問題がない、ということだったのです。それでは何が腰痛を引き起こしているのでしょうか。その原因は脳にありました。以前腰を痛めたときの記憶を脳が覚えていて、誤作動を起こし実際にはない痛みを引き起こしていたのでした。そこで医師がレントゲンの写真を見せながら何度も何度も腰に異常がないことを伝え意識を変えていきました。さらに作業療法士とともに運動を続けていくと、2週間後には自転車がこげるようになるまで回復していました。あなたの腰痛も原因は痛みを感じる腰だけではないかもしれません。